MENU

医療事務資格の種類

医療に関する事務には国家資格はなく、民間の団体や法人が主催している資格が10種類以上あります。医療事務の職種には、看護師や医師のような業務に従事するために必要な免許はありません。採用するときには、医療事務の経験の有無を重視する傾向があります。しかし、未経験者の場合は資格の有無が採用に有利になるため、病院で事務関連の仕事をしたい人は、医療事務関連の試験を受けることをおすすめします。試験の種類は多く、難易度や受験するための条件の有無などが試験ごとに違いますので、自分に合った試験を選ぶとよいです。難易度が高い試験としては、診療報酬請求事務能力認定試験があげられます。この試験の合格率は、30%前後のため、未経験者にはあまりおすすめできません。この試験は、経験者がスキルアップや収入アップのために受けることが多いです。診療報酬請求事務能力認定試験では、医療保険制度や介護保険制度、医療知識などの幅広い知識を求められるため、学習時間がかかりやすいです。比較的、初心者が取得しやすいものとしては、ディカルクラーク検定や医科 医療事務管理士(R)技能認定試験は、通信講座でも学習が可能なため、初心者に人気があります。