MENU

日本医療事務協会の医療事務資格

医療事務資格を取得すると医療機関で行われる事務仕事全般に携わることができるものです。
日本は皆保険制度があるため医療機関で行われる行為には診療報酬というものが設定されています。
医療機関に受診すると保険証を提示することで3割負担で済むのがこの制度のおかげです。
診療報酬は行為や機器、薬剤など個々に定められており、それらを適切に選択して集計したものを社会保険庁等に毎月提出することで残りの7割が医療機関に支払われます。
医療事務資格取得者は、それらの計算を行うことができます。
資格といっても国家資格ではないため従事するときの要件にはなりませんが、即戦力を求める医療機関が多いため、採用のときの大きな指標になります。
日本医療事務協会では医療事務検定試験の受験のために通学コースと通信コースの医療事務講座を提供しています。
通学コースは1から2ヶ月で行われるカリキュラムです。
実践重視のため現場で働くときにも役に立ちます。
通信コースは自分の時間に合わせて受講したい人に向いています。
担任制なのでサポートも充実していてメールや電話などいろいろな手段で質問ができます。
回数限定で通学コースへの参加もできるし、解説動画も無料で配信されます。
自分に合ったコースで医療事務資格を取得することができます。