MENU

医療事務の給料

医療事務は、病院で患者さんの受付や保険診療に関する請求事務、カルテの整理や会計業務などの事務作業を全般に行う職種です。仕事内容は、勤務する病院の規模によっては、掃除などの雑務も含まれている場合もありますが、主な業務としては保険診療の請求になります。そのため、健康保険や医療費についての知識や計算方法について知っておく必要があり、一般事務に比べると専門性が高い事務になります。しかし、お給料自体は、一般の事務の平均給料と大差がないのが特徴です。正雇用の場合のお給料は、15万から20万ぐらいが平均相場になっています。パートの場合は時給850円から900円ぐらいです。派遣の場合は、1000円から1300円ぐらいが相場になります。医療事務の年収は、地方よりも都心の方が高く、個人病院よりも大学病院勤務の方が高い傾向です。学歴別に見ると、高卒の初任給で15万前後になり、大卒であれば18万ぐらいの差があります。医療事務に関連する資格は複数がありますが、採用するときには資格の有無よりも経験を重視する傾向があります。未経験の場合は、資格がある人を優先的に採用することが多いです。派遣会社では、医療事務の資格と経験を重視して、時給額を決めています。