MENU

医療事務資格を持っていればどんな事が可能になるの?

医療機関で働くことができるようになる医療事務資格を持っていると、どんな仕事をさせてもらうことが可能になるのでしょうか。
資格を取得したとしても、仕事の内容がわからないのでは不安に感じてしまうでしょうから、どんなことができるようになるのか知っておきましょう。

 

レセプトの作成は医療事務の重要な仕事

レセプト作成業務とは診療報酬明細書作成とも言われるものですが、簡単にいえば患者さんが負担しなければいけない部分以外の診療報酬を、健康保険の支払元に請求する書類を作成する仕事です。
1ヶ月分の情報をまとめて、この書類を審査機関へ提出することで病院は保険の支払を受けることができるのですから、病院の資金に重要な責任を持つことになる大切な仕事なのです。
このため、まとめ作業が必要になる月のはじめ頃は忙しくなるケースが多く、残業しなければ間に合わないこともあるでしょう。
その代わり、それ以外の期間については定時で帰りやすい仕事ですし、病院が休みの日はお休みをもらえますから、子どものいるお母さんには人気の高い仕事ができるようになる資格なのです。

 

カルテの管理や受付対応などすることはたくさん

特に個人病院ではよく見られることですが、カルテ管理や受付での患者さんに対する対応も医療事務の仕事のうちになってきます。
更に看護師さんやお医者さんの補助業務も頼まれるケースが有りますから、仕事中は忙しいことも覚悟しておいたほうがいいですね。
それだけやることがあるということは、充実した仕事ができるという意味でも有るでしょうから、前向きに捉えて資格取得を目指していただければと思います。